STAFF BLOG

今日は出張で大阪に向かっています。

早朝、家を出る時いつもと違う時間帯のせいか少し涼しく感じられました。

途中、大阪へ向かう新幹線から見る広島駅辺りの空はとても高く清々しく見えて、昨夜見たニュースの73年前の悲劇が同じ空間とは思えないほどです。
今iPadからブログを打ち込んでいるこの時間はAM8:13 人類史上初の都市に対する核攻撃が投下された時刻とぼぼ同じ時刻。

大阪なので今熱戦を繰り広げている甲子園の事でも書こうと思ったのですが、なぜこのような事を思ったかと言うと、私の母が広島生まれで、母がまだ子供の頃、西の空でピカッと小さく光った事を覚えてると聞かされた事があるからです。
小さなその光の断片的に入る情報は日を追うごとに辛いものになり、幼い母の心の中まで黒い雨は浸食していくものでした。

投下場所が少しずれていたら、今の存在は無くなり私の目にする全てのものは無いのかなと考えた事もありました。

災害や災難は自分に置き換えてあまり考えたく無いと言うのが本音です。
目をそらせば避けられるもの、嫌でも受け止め無ければいけないもの、日々の混雑のせいにして気が付かないフリをしているのかもしれません。

そろそろ大阪駅です。
今日一日暑くなりますね。
せめてこの新幹線の扉が開く外の暑さは気が付かないフリを……は無理そうです^^;
今日も一日頑張りましょう!

建設部の橋本